セロトニンの分泌と早漏改善

神経伝達物質であるセロトニンの量が早漏に関係している

セロトニンが不足すると、神経のバランスを崩しやすくなり、結果、キレやすくなったりうつ病になったりすると言われていますが、早漏にも影響している可能性があります。

それは、セロトニン不足によって感情にブレーキをかけにくくなるからです。
つまり、射精しそうになった時に、我慢が効かなくなってしまうという事。

以下に心当たりはありませんか?

  • 陽の光を浴びる事が少ない
  • 運動する事はあまり無い
  • 人との会話が少ない

これら全て、セロトニン不足の典型的な生活習慣です。
この上で、寝付きが悪いとなれば、セロトニンが不足している可能性が高まります。

セロトニンは日中の明るい時間帯に作られるので、その為にも、太陽光を浴びる必要があります。そして、太陽光を浴びて増えたセロトニンは、夜になるとメラトニンに変化するので、寝付きが悪いという事は、不足している可能性が高いのです。

メラトニンは、睡眠に関与するホルモンの一つで、体内時計としての働きがあります。

運動もセロトニンの分泌に関係していて、20分以上のリズム性運動を繰り返す事のより分泌が活発になると言われています。人との会話やペットと遊ぶ事でも、セロトニンが分泌されるので、こうした生活習慣が結果として早漏に繋がっている場合もあるのです。

実際にこれらの習慣により、精神的な興奮よりもリラックスを実感できると思います。

結果、体内に十分な量のセロトニンがある事によって感情をブレーキできるようになり、興奮をコントロールする事で陰茎への些細な刺激で興奮状態になる事も抑えられ早漏が改善できるようになるのです。

もちろん、全ての早漏改善に関与するとは言い切れませんが、多少なりとも改善できる可能性と考えると十分に意味があると思います。

トレーニングによっても改善できる可能性があるのも、もしかすると、腕の上げ下げという20分以上のリズム運動によってセロトニンの分泌が行われている事が関係しているのかもしれません。

中でも、ウォーキングは、筋肉量の多い脚を使うという事もありますが、全身運動にも繋がるので、その分、セロトニンの分泌を全身刺激で増やす事が出来ます。

自分だけの力で早漏を改善したいと望むなら、リドスプレーを併用しつつセロトニンを意識して、生活習慣の改善を目指すのも良いかもしれません。